人気ブログランキング |
ブログトップ
2018年 11月 14日 ( 1 )
『vol.3649 西藤原駅と805F西武カラー・イエロー 2』
 三岐鉄道三岐線西藤原駅と805編成西武カラー・イエロー電車の第2弾となります。
 まず、保存車両を詳しく紹介させていただきます。
 富田寄りから保存されています蒸気機関車からです。
e0040714_09563595.jpg
 □蒸気機関車 E101形102号機
 汽車製造製の1C1タンク車で、三岐鉄道開業(昭和6年7月)に合わせて新造した車両です。
 昭和29年2月に廃車となり大阪窯業セメント伊吹工場へ売却され同工場にて使用後、敷地内にて保存。
 平成13年に三岐鉄道へ里帰りし西藤原駅構内にて保存された。
e0040714_10062157.jpg
 □電気機関車 ED22形222号機
 大正15年米国W.H製の凸形電気機関車で信濃鉄道の2号機であった。その後、国鉄ED222号機となり、昭和31年9月に三岐鉄道が譲り受けたもの。三岐鉄道では、小型の電気機関車のため国鉄富田駅構内での入れ換え用等として活躍しましたが、昭和59年8月に引退。
 長らく三岐鉄道大安駅近くの宇賀川橋梁付近で保存させていましたが、保存状態が悪くなり三岐鉄道が再び譲り受け整備(元三岐鉄道職員によって)されて平成28年に西藤原駅構内にて保存されました。
e0040714_10172269.jpg
 □三岐通運 内燃機関車 DB25形 
 昭和46年日立製作所笠戸工場製のL形25トン級内燃機関車です。
 国鉄時代に関西本線八田駅構内にあった小野田セメント名古屋サービスステーションにて入れ換え用として使用されていましたが、同サービスステーションの閉鎖により廃車。
 その後、三岐通運藤原営業所にて保存されていたものを、平成13年に三岐鉄道西藤原駅構内へ移設保存されました。

   つづく。


by orange-train101 | 2018-11-14 00:00 | 三岐鉄道 | Comments(0)