人気ブログランキング |
ブログトップ
VOL,256  名鉄 弥富口駅など5駅 12月廃止へ
 名古屋鉄道では、利用客の伸び悩みの続いている5駅を今年12月15日をもって廃駅となることを決定。
 廃駅となるのは、尾西線の弥富口駅、西尾線の鎌谷駅・三河萩原駅、河和線の椋岡駅・布土駅の5駅(無人駅)である。これらの駅はいずれも1日の乗降客が200人以下で名鉄では、今回の廃駅について「将来に亘る需要の増加が見込めない」としている。
 尾西線弥富口駅
  1933年 開業  1983年 高架駅となる。 1面1線の高架ホーム(将来複線化用に下りホームも設置されているが使用されずに廃駅となる。)
 他の駅については、以前の記事に掲載してありますので今回は省略しますね。
 なお、廃駅予定だった碧海堀内駅(西尾線)は、地元の安城市が駅の整備費の一部負担することで、存続することになった。
by orange-train101 | 2006-07-05 22:26 | 名古屋鉄道 | Comments(2)
Commented by TAKU at 2006-07-06 22:33 x
こんばんは!
弥富口駅も廃駅ですか~!
高架上にあって、片面ホームなんですが、行き違い用地と対向ホームがあって、不思議な感じなんですよね。
Commented by orange-train101 at 2006-07-07 09:09
TAKUさん 書き込みありがとうございました。 名鉄弥富口駅もで~す。弥富口駅で乗降したことはないのですが・・・ホント、不思議な駅です。