ブログトップ
『vol.3609 四日市市自主運行バス 山城・富洲原線ダイヤ改正へ』
 四日市市では、三岐鉄道に委託して運行をしている四日市市自主運行バスの「山城・富洲原線」(三岐鉄道三岐線の山城駅から四日市市富洲原地区の天カ須賀2丁目間を走る)、10月1日からダイヤ改正を行われます。
e0040714_16400687.jpg
         「山城・富洲原線」バス
 今回のダイヤ改正は、1日5往復から4往復への減便によるもので その理由は、①利用客の減少 ②運行経費の高騰 ③委託している三岐鉄道の人材確保の難しさがあげられている。
 この「山城・富洲原線」は、今から18年前の2000年に「保々・天カ須賀線」として運行を開始。2年後の2002年に保々からの利用客が少ないため保々~山城間の運行を取り止めて、現在に至っています。

  ☆予約投稿です。

by orange-train101 | 2018-09-22 17:30 | 鉄道・バス情報