ブログトップ
北勢線 想い出の車輌  デ45
 第31弾は、北勢線で活躍したデ40形45号機について紹介します。
 デ45号機は、1931年北勢鉄道の電化時に登場した電気機関車(B-B 凸形 日本車輌/三菱電機 製)、デ20形21号機である。
 1944年には、三重鉄道などと統合されて三重交通となりデ70形に形式変更されデ71号機と改番、塗色はダークグリーン1色に。
 1965年には、近畿日本鉄道北勢線となり、デ40形に再び形式変更となってデ45号機に改番、塗色も朱色に黄色の帯となる。砂利輸送などに使用されていたが、砂利輸送廃止などにより1979年には、除籍となった。その後、しばらくは北大社駅構内や作業所内で入れ換え用(塗色を朱色1色に)として残っていたが、1985年頃解体されてしまった。
e0040714_17585144.jpg

  (写真・上)デ45号機 (写真・下)除籍後のデ45号機(尾灯撤去)    北大社にて
 
 なお、現在でも北大社車輌区の片隅にデ45号機の台車だけが残っております。
[PR]
# by orange-train101 | 2005-10-11 18:02 | Comments(0)
三岐北勢線「名泗コンサルタント」ラッピング電車 続報
 第30弾は、25弾でも紹介致しました三岐鉄道北勢線のラッピング電車「名泗コンサルタント」273編成を撮影出来ましたので本日掲載しますね。
 大泉駅に到着しましたモ273-サ136-サ142-ク141です。ただ架線柱が少々邪魔です・・・・。
     

  近鉄内部・八王子線のラッピング電車「名泗コンサルタント」とは、多少違いますね。
[PR]
# by orange-train101 | 2005-10-09 18:35 | Comments(0)
三岐鉄道 北勢線 277編成(近鉄カラー車)
 第29弾は、三岐鉄道北勢線に残る近鉄カラー車について お知らせ致します。
 三岐鉄道北勢線では、検査入場の際、三岐カラー化を順次進められておりますが、近鉄カラー車も残り1編成のみとなりました。近鉄カラー車は、モ277-サ135-ク134の1編成1本です。
 モ277号車は、近鉄北勢線最後の新造車です。
  
  
   

  
[PR]
# by orange-train101 | 2005-10-08 18:21 | Comments(0)