ブログトップ
2017年 11月 27日 ( 1 )
『vol.3372 谷汲山華厳寺の紅葉』
山門前から華厳寺の仁王門までお土産店や飲食店・柿店など数多くのお店が建ち並ぶ参道。
普段なら仁王門近くまで車で行けるのですが、桜の季節と紅葉の季節は、通行止め区間が・・・山門近くの有料駐車場に車を停めて徒歩移動になります。
母親は、以前に足の骨を折り(大腿部複雑骨折)普通なら寝たっきりになるところでしたが、運良く手術の際 他の病院から専門医が来られていて急遽、手術をしていただけました。(普段ならして貰えないそうで)
ただ、痛みはまだあるようで山門から本堂までの距離は、母にとっては大変だったことでしょう。

まず、近くのお店にあったマスコット看板を・・・
e0040714_23071606.jpg
 ▲いのりちゃん
途中、お店のメニューに「カレーパン」・「ぜんざいパン」??? ぜんざいパン どんなパン?なんだろうと思いながら仁王門に着きました。
仁王門から境内参道を撮影します。
e0040714_23113713.jpg
   ▲参拝客さんの後ろから失礼して撮影
e0040714_23132618.jpg
e0040714_23134986.jpg
e0040714_23141478.jpg
そのまま進みたいのですが、急な階段が続きますので、脇道から本堂をめざします。
谷汲山華厳寺は、日本最古の観音霊場「西国三十三所観音霊場」の第三十三番札所で、結願・満願のお寺として有名で春には桜、秋には紅葉の名所として賑わってます。
 ご本尊は、十一面観世音菩薩(秘仏) 脇侍は不動明王と毘沙門天です。
(注)本堂内等は、撮影禁止のため撮影しておりません。
(マナーを守って下さいね。)
本堂での参拝を済ませて、本堂脇から通路を通って「大黒さまと布袋さまのお堂」もお参り・・・本堂裏にある「苔ノ水地蔵さま」にご自分の体の不調な部分と同じところにお札(1枚20円)を水に濡らしてから貼って治癒をお祈りします。(よくなるとか・・・) 
いつもなら、満願堂まで上がって行くのですが、また山門近くの駐車場まで歩かなければならないので、今回は諦めます。
本堂前の階段の柱に鯉のプレート(精進落としの鯉で)ご利益があるとかで、しっかり触って来ました。
e0040714_23331655.jpg
その後、大きな観世音菩薩さまと勢至菩薩さまもお参りし帰って来ました。
今回は、大きな観世音菩薩さまと勢至菩薩さまは、撮影してませんが以前撮影した画像がございますので、アップします。
e0040714_23403380.jpg

次回は、以前に撮影しました満願堂付近の画像を予定しております。

色とりどりの秋!お気に入りの紅葉ショット!with ことりっぷ#紅葉と実り


[PR]
by orange-train101 | 2017-11-27 23:43 | 訪問記 | Comments(4)