ブログトップ
Vol,238  本日の朝刊から・・・近鉄養老線
 今朝の朝刊に「近鉄養老線」について 上下分離方式-近鉄が提案 の記事が・・・・。
 岐阜県大垣市は、6/14近鉄養老線の運営形態について近鉄側から、運行会社と資産保有会社を分ける「上下分離方式」の提案があったことを発表。
 沿線7市町の担当部課長でつくるワーキング部会で今月初旬、近鉄が要望。市によると近鉄は、運行業務を担う子会社の設立を提案。近鉄が100%近く出資するものの、自治体にも数%の出資が出来ないものか求めた。
 線路などの資産は、これまで通り近鉄が保有し管理するとしている。
 近鉄では、今後10年間の赤字を年平均7億8000万円と試算、そのうち半分の3億9000万円を沿線自治体に負担要請。
 近鉄養老線は、揖斐~桑名間57.5キロの単線鉄道。2004年度の輸送人員は、約711万人。営業収入は9億2700万円、赤字は14億600万円。
 
e0040714_2222599.jpg

[PR]
by orange-train101 | 2006-06-15 22:11 | 近鉄 | Comments(0)