ブログトップ
VOL,3014 『伊勢鉄道支援問題で・・・』
 今朝の中日新聞に、伊勢鉄道についての記事が出ておりましたので、紹介させていただきます。
 三重県と関係市町による第3セクター鉄道「伊勢鉄道」への財政支援問題で、県の地域連携部長は、12月10日の県議会常任委員会で、「各市町から存続ほの理解を得た」と述べ、財政支援を通じた同鉄道の存続に、関係市町すべてが同意したことを明らかにした。
 同鉄道は、施設や設備の老朽化が進み、安全運航に必要な設備の更新が必要となっている。
 県によると2016年~2028年度にかかる事業費は、18億3000万円で国の補助や自社資金などを充てても10億円の資金不足となる見込み。
 地域連携部が市町に示した案は、第3セクター設立時の出資割合などに応じて負担割合を設定。同社が集中的な経営改善に取り組む16~18年度の3年間に、県が5億円、伊勢鉄道の沿線3市町が2億5000万円、JR参宮線・紀勢線沿線12市町が2億5000万円を負担。なお同部は、関係市町が負担する具体的な金額は公表されていないとしている。
              (中日新聞 12月11日 三重版より抜粋)
[PR]
by orange-train101 | 2015-12-11 11:34 | 伊勢鉄道